読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煉獄日記

目指せ天国。

私日記(9月20日)

盛大な二度寝をした。前の晩は普段の土曜日よりも少し早く寝たはずなのに、9時に一度起きて、ふっと気を抜いたらもう午前も終わりかけだった。

二度寝をしながらふわふわした夢をたくさん見た気がするけれど、目が覚めたらほとんど覚えていなかった。でも、たぶん幸せな夢だった。恋をしている夢を、見たような気がする。気のせいかな。

1ヶ月ちかくさぼっていたジョギングを、目覚めてすぐにとりかかる。ほぼ寝てたときの格好のまま。ベッドを出てから15分には家を出ているという具合。たっぷり寝たからか、やけにやる気満々だった。近所のパン屋で朝ごはんを軽く食べ、そこからとことこ走りだす。ほんと、「とことこ」と形容するのがちょうどいいくらいゆっくりしか走れない。15分で2キロ。 それでも驚くほど汗をかくし、今回は久しぶりだったこともあって、走り終わったら顔が真っ赤になっていた。具合の悪い人みたいだった。

走りに行った川辺の道には赤くて立派な花がぽつぽつと咲いていた。こういうときに花の名前をあまり知らないことが悲しくなる。ネットで調べたらわかるけど、というかわかってしまったけど、ヒガンバナだったけど、こうやって調べちゃうから来年にはまた忘れてるんだろうな。ま、別にいっか。忘れたらまた調べるもん。

夕方は大相撲を観ながら家計簿。家計簿も最近さぼっていたことのひとつ。レシートでぱんぱんになっていたお財布がやっと元に戻った。

大相撲はながら見をしていたせいかよく覚えていない。でも大砂嵐が嘉風に勝ったこと、照ノ富士が力任せに妙義龍に勝ったことはちゃんと覚えている。あんな姿勢になっても負けない照ノ富士は白鵬みたいだった。

ご飯をつくるのが面倒だったから、犬の散歩をした後は外に出てカルボナーラを食べた。ドリンクバーをセットにしたけど、オレンジジュースを飲みながら「水でよかったな」と後悔した。けち臭い。まだ家に帰る気分じゃなかったから、スタバでホワイトモカを飲みながら『菊と刀』を読む。最近は第二次世界大戦関連の読書が多い。

夜は読まなきゃいけない本を2時間くらい読んで、相変わらず英語を読むのが遅い自分にがっかりする。ヨルタモリは中居くんがゲストだから観たら眠れなくなると思って録画。眠くなるまで読書して、1時ころ就寝。

だらだらしてはいたけれど、ジョギングして家計簿つけたら少し自分の生活が自分の手の中に戻ってきた。及第点の日曜日。