読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煉獄日記

目指せ天国。

まさかりかついで大砂嵐金崇郎

秋場所が熱い。

白鵬休場と聞いた時には、優勝争いを見る面白さがある意味倍増、ある意味半減、という気分だった。三横綱のうち二人が休場なんて寂しい。それでも、観ていたらなんだかんだやっぱり面白いから相撲はすごい。

現在四日目が終わって全勝が照ノ富士、稀勢の里栃煌山の三名。それに続くのが上位では鶴竜琴奨菊、妙義龍。ちなみに1敗の力士は他にもたくさんいるが、みんな大好き遠藤もその一人。

さて、誰が優勝するのかなー。照ノ富士のような気もするが、稀勢の里がいいかげん一回くらい優勝するところも見たい。鶴竜横綱の意地を見せてくれるかもしれないし、妙義龍あたりが予想外の結果を出してくれるかも。いやあ、楽しみ楽しみ。

 

でも、今場所の私の注目力士は別のところに。角界初のエジプト出身力士、大砂嵐金崇郎(まだ23歳!)。

四日目終了時点でいまだ0勝。しかし、相撲内容がいい。乱暴で粗雑ではあるけれど、「勝ちたい」という意志に一点の曇りも見えない。東前頭二枚目ということで初日から大関横綱ばかりが相手なのに、勝利への意気込みにあれほど乱れがないのはすごい。

初日豪栄道との一番は「レスリングですか?」と笑いそうになった。二日目は琴奨菊。組んではいたけどやけにバタバタ動き回る。三日目は照ノ富士と長い相撲をとり、何度も土俵際でこらえていた。そして四日目は横綱鶴竜との一番でかなり有利な姿勢になりつつも結局負け。

こうやって四日間の相撲をふりかえってみると、どれも「おお!」と期待させるところまではいくけれど、最後の決め手に欠けている。パワーばっかりで攻めているせいで、技の豊富な大関横綱には通用せずという感じなんだろうか。『大相撲ジャーナル』(10月号)の「スー女座談会」で、能町さんは大砂嵐について「相撲ぶりは違うスポーツを見ているような気がして(笑)」とコメントしているが、全くその通りなのだろう。とはいえ、確かに技の面ではまだまだ何とも言えない大砂嵐だけど、逆にいえば、今はパワーだけで大関横綱との取組をはらはらさせるところまでいっているのだから、今後はぜひ技を磨いて爆発的に強くなってほしい。

相撲がパワーだけじゃ勝てないスポーツだということに魅力を感じてわざわざ日本までやってきた大砂嵐。twitterから醸し出すインテリで愚直な努力家という雰囲気。まだ23歳というのが信じられないけれど、その若さからも期待は膨らむ。

秋場所が終わったら、また千代丸とわいわいしてる写真もアップしてくれるだろう。それもまあ楽しみではある。

 

あ、もちろん臥牙丸のことも応援してますよ。っていうか、応援してるって意味では臥牙丸が一番応援してる。でも、負けてしょぼくれてる姿も嫌いじゃないから、とにかく幕内にいてくれればいいわ、臥牙丸は。

他に気になるのは、大栄翔と阿夢露のふたりかな。阿夢露は名古屋場所でその相撲ぶりに惚れ惚れしたので、ぜひ今場所も頑張ってほしい。新入幕大栄翔の相撲も見ていて気持ちがいい。すっと手の伸びる突っ張りがなんだか瑞々しい。大砂嵐にしても、この二人にしても、真面目そうで勝ち気な力士が好きだ。

大相撲が始まると毎日充実していて非常に幸せですわ。