読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煉獄日記

目指せ天国。

ゴーイング Goro's ウェイ

最近、能町みね子が「オネエ」として日テレの某番組で紹介され、それに対し本人がツイッタ―で反論をした結果、他のメディアでもその論議が取り上げられ何やら能町さんの周辺が騒がしいことになっていた。(一応敬意をこめて最初だけ「能町みね子」と書いたけど、やっぱり変な感じがするから「能町さん」でいいや)

その一連の流れの中で能町さんがリツイートし、私の目に留まったのが以下の画像だ。

 このコラムを私はこのときはじめて目にしたのだが、読みながら、泣いた。SMAPのここ数年のことを思い、その中で稲垣吾郎がひとり貫いてきた態度を思い、そんな稲垣吾郎をひたすらに信じていようと祈るような気持ちで見ていたことを思い、泣いた。

 

まだSMAPがデビューして間もなかったころ、仕事であるにもかかわらず、ジェットコースターに乗ることを断固拒否した稲垣吾郎がリーダーである中居正広に殴られたという、ファンの間では有名な逸話がある。これは、「吾郎ちゃんのわがまま」として語られることも多い逸話だが、はたして本当にそうだろうか。

仕事とはいえ、もしもその本人が心底やりたくないと思っていることをやらされたら、それは単なる暴力なのではないだろうか。「仕事」という皮をかぶった、巧妙ないじめなのではないだろうか。

稲垣吾郎は、私が見ている限り、そういった文字通りの痛々しさを売りにするような番組にはめったに出ないし、それに、たとえ最後には何かをすることになったとしても、少なくとも拒絶の意志を示す。彼は「テレビの常識」に対し、さも当たり前のように反抗し、「嫌なものは嫌です」とはっきり態度に見せる。そういう稲垣吾郎だからこそ、私は安心して応援し続けることができた。ウケるためならなんでもする稲垣吾郎なんて、私は絶対に見たくない。

 

そして、ゴロウデラックス。

いつも文化人然としたメガネをかけ飄々とした態度でゲストと接する稲垣吾郎は、SMAPでいる時の彼とは別人のようだ。少なくとも、SMAPが作り上げてきた「アイドル」のイメージとはかけ離れた表情である。そして彼は、本の話をする番組という基本スタンスを決して崩さず、ゲスト本人が見せたくない表情を無理に引きずり出すこともない。テレビなのに、なんだが雑誌用のインタビューを見ているような番組だと思う。

作家なんて本来表に出てくる職業ではない。ましてや、芸人さんのように「テレビの常識」でもみくちゃにしていい相手じゃない。だからこそ、目の前にいるゲストが当たり前に話すことを当たり前にきちんと受け止め、「作家」としてテレビに出てくれた相手を尊重する稲垣吾郎のMCは、あの番組の最大の強みだと私は思っている。

 

(ああもうこれ以上の内容はこの文体では語れない。稲垣吾郎への愛が止まらない。)

そうは言っても実のところ、能町さんが出た回のゴロウデラックスも私はおそらく観ていたし、その時点で能町さんが元男性であることも知っていたと思うのだけど、その回の内容をほとんど覚えていないんだよな。吾郎ちゃんが『雑誌の人格』について話している映像はぼんやり浮かぶので、たぶん観ていた、はず…。

でも少年アヤちゃんが出た回はよく覚えている。15年以上見てきた吾郎ちゃんが、世間(というかテレビ全般)では性的マイノリティという括りだけで語られがちな人に対して、どう接するのか少し不安だった。少年アヤちゃんは当時「オカマ」と呼ばれること自体にたいしてとても揺れ動いているのが本を読んでもよくわかったから。本もその点に触れていないわけではなかったし、それがどう語られるんだろうってそわそわしていた。今更吾郎ちゃんのファンでなくなることはあり得ないのだけど、でも、もしかすると「がっかり」させられてしまうかも、という不安は無かったといえば嘘になる。だからこそ、少年アヤちゃんの回を見終えた時は、すごくほっとしたし、「やっぱりこの人のファンでよかった」と思った。

 

「テレビの常識」をあっさりと無視する稲垣吾郎という王子様を、私は「これぞ本物のアイドル」と思ってこれからも全力で応援していきますよ。SMAPがこれからどうなっても、吾郎ちゃんは今の姿勢を貫いてほしい。

 

言いたいことが収拾がつかなくなってきたからこのくらいにしておこう。 SMAP論をあれもこれも書きたいと思いつつ、やはり締切もないブログというメディアでは前回の香取慎吾論のようなクオリティまで推敲することは難しくて、結果的に何も書けないままなあなあになっていた。これはブログだ、ブログクオリティで諦める。アイディアメモのレベルだって、積もり積もればいつか何かにできるやも。

というわけで今回は、SMAPで、というかこの世で一番大好きな吾郎ちゃんについて書きました。次は木村拓哉について書きたいよ。あーでも、コンサートうちわの話も書きたい。まあ、とにかく今日のところはおやすみなさい。