読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煉獄日記

目指せ天国。

ニラとレバー

最近少々ばたばたしていて、毎日昼ごはんは夕方ごろに食べるコンビニのおにぎり(かパン)みたいな生活をしていたら、ばてた。思いっきり夏バテた。

夏バテをする、仕事がはかどらない、夜焦る、寝不足になる、翌日もっとバテる、みたいな悪循環からここ数日でようやっと抜け出し、「さあ栄養のあるものを思いっきり食べるぞ!」と思ったので、初めて自宅でニラレバ炒めを作ってみました。

そういえば、これってレバニラ?ニラレバ?ググってみたら、どっちでもいいみたいですね。しかしあまり頻繁に作るメニューではないため、自分の中でも呼び名が混乱しています。。。

 

小さい頃はレバーが嫌いで、「こんなモソモソした臭い肉のどこがいいんだよ!」と思っていたが、味覚って変わるものですねえ。いや、正直今でも火を通したレバーのもそっとした感じはあまり好きではないかもしれない。でもあのモソモソ感も含めて、いかにも栄養の塊というあの雰囲気が好きだ。これは味が好きというのとはちょっと違うだろう。なんというか、象徴としてのレバーが好きなのだ。

そんなわけでもちろんレバーを自ら進んで購入したこともなかった。スーパーマーケットでレバーを購入したのは今日が初めて。下ごしらえをするのも初めて。あまり下ごしらえが必要な食材を買うこともないので、料理してるぞーという気持ちになれるのもニラレバ炒めを作るいいところ。

 

レバーの下ごしらえとしては、まず水で洗って、牛乳に30分くらい浸しておいて、それからまた水で洗って、水をきった。本当は最後にキッチンペーパーで水気をきるべきなんだけど、キッチンペーパーが残念ながら見つからずザルでせっせと頑張るはめに。そのあと片栗粉を軽くまぶして、これで下ごしらえ終了。

で、レバニラを作ったわけだけど、これは臭みがないっていうのかしら?レバーそのものがそもそもあまり好きじゃないから、どこまでが「臭み」と呼ばれるものかよくわからん。まあでも、モヤシとニラをたっぷり入れて、たくさん肉と野菜がとれたのでとりあえずそれで私は大満足です。

半分くらい残っちゃったし、明日はこれをラーメンにでものっけてみようかな。夏とはいえ暑すぎるような気候が続いていますが、こうやって料理をしてしっかりご飯を食べる過程はさぼっちゃだめですねー。

 

そういや英検についてまだ書いてないや。ま、それはまた今度。

だって今日は、初めてレバーを自分で買った「レバー記念日」ですもの。